次に中期スタンスのトレード

外国為替証拠金取引で投資する魅力は、単一の金融商品あるが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中からどの期間を選定するかということにより投入の方策が大きく異なるという部分にあります。

1番目に外貨投資する「長い期間の投資」について見てみましょう。

長期は一年以上の長期投資を基準としているのです。

基本的に為替相場においては、一年も後の為替レートが円高になっているだろうか、あるいは円安であるかを推測するなんていうことは、多くは無理に違いありません。

通常なら、「そんなに先の未来のことは考えられない」となるのが実際のところです。

見当もつかないのに懸命に予想しようとしてもそれは無茶苦茶なことです。

したがって、他の貨幣を買ったと仮定して、レートよりも円高でもそれは待っていれば円安になるだろうという感じで取り組むことが必要です。

差益を無理に追いかけることに限らず別の方法での儲け要はスワップポイントで儲けるということを一番のゴールということで始めましょう。

当然ですが短期的に差損に損失が非常に大きく膨らむこともあります。

よってそういった為替差損が大きくてもさほど影響を受けないようレバレッジを最小限にやり取りすることが重要です。

外国為替証拠金取引は為替差損が一定金額よりも増大してしまうと追い証が発生したり、それともストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら即売り買いを清算せざるを得なくなり長期の投資ができなくなります。

こんなリスクを回避するにはレバレッジ2?3倍くらいでトレードするのが良いと思います。

次に中期スタンスのトレードを考えてみましょう。

中期の投資の場合、最大でも2ヶ月程度経った頃を予想しての売り買いを行います。

為替トレードの場合は、約1ヶ月ほど後のことは、おおかた、想定できるかと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の類の国際的な閣議やマーケット参加者がどんなことに関心があるかを見れば、だいたいの場合予知できるはずです。

こういった経済情勢を見る一方でグラフを参考にすることで、為替の相場の変動を理解する事ができ、買いか売りかをジャッジする方がいいと思います。

基本的に経済の基礎的条件とテクニカルのどちらも良い状態であり、あるいは買いが同様の時はおおよそジャッジした通りに動くと思って問題ありません。

その時は保有高を増やすことによって高いリターンを手に入れられるに違いありません。

最後は短期のスタンスのポイント。

ここでいう短期トレードが指しているのは、すなわちデイトレーディングのことを言っています。

為替でデイトレードをする場合、ファンダメンタルズはいっさい関わりがないと言い切れます。

というのはあくる日の為替の相場の動きに経済の状況は影響しないからです。

この時の、一番のコツは目を引く事柄がありそれにより為替レートがかなり変動する機会を見逃さないようやり取りしましょう。

たとえばアメリカにて雇用の統計が公開される、ないしは金融政策決定会合などによって制作金利が変化するといったこと。

こんな大事な機会に変動を逃さないといった意味合いで、短期のスタンスは高度なものが必要になる。