戻すことが不可能である為リユースか廃車となるのが一般的です

《全損》とはその名称が示すように全部が壊れてしまうことで言い換えれば走行が出来ないなど車としての機能を満たせなくなった際に使用されますが自動車保険においての《全損》は多からず異なった意味が含まれていたりします。ライザップ 六本木店

保険では乗用車が破損した時に「全損と分損」のように区別され《分損》は修復費が保険内でおさまる場合を言い逆に「全損」とは修復費が補償額を上回るケースを示します。男性看護師求人

一般的に、修復で『全損』という場合車の心臓、エンジンに修復できない損傷があったり骨組みが曲がってしまったりして元に戻すことが不可能である為リユースか廃車となるのが一般的です。シーズラボ 体験

けれど、自動車事故を起こしてお店や保険屋さんが必要な修復費を見積もりした状況でどんだけ見た目がきちんとしていて修理が可能な場合でも修復のお金が補償額よりも高かったら何を目的として自動車の保険にお金を負担しているのか分からないです。麻雀ゲーム

こういうときには、《全損》と結論付けて自家用車の所有権を車の保険屋さんに渡し保険金を頂く仕組みなっています。ライザップ 天神店

もちろんの事ですが長い年月所持した愛車で愛着があり自分で修復をしてでも使いたいという車の所持者多数いるので事態によっては車の保険の会社と相談するといいと思います。

また、乗用車の保険ではこのような事態が考慮されて車両全損時諸費用補償特約などの(全損)の時のために特約つけているところが存在し、例え、自動車が全損となった場合でも新しく車を買うの経費を一部補償してくれるサービスも存在したりします。

なお盗難時保険金の特約をつけているならば盗まれたマイカーが見つからない場合も《全損》と判断され、保険が適用される仕組みになっているようです。